「11月実施ファムトリップ」フォトレポート

2017.3.6

2016年11月下旬(21~22日)、日本の地域情報・観光情報などを広く発信している台湾の現地メディア企業「吉日メディアグループ」の記者を招聘し、ファムトリップ(※)を実施しました。

 

※観光地などの誘客促進のため、旅行環境事業者を対象に現地視察をしてもらうツアー。 外国人観光客拡大を目的に実施されることが多い。

 

フォムトリップは昨年度に続く阪南市商工会の試みであり、また、9月に台湾で実施した「夢の懸け橋プロジェクト」(目的:台湾における市地元企業のビジネス機会創出)での大きな成果を「継続的に後押し」するための取り組みとなります。

 

今回は、市内に生産拠点を有する企業を中心に、下記8社の皆様にご協力いただきました。

 

・ナカイ製菓株式会社

・辻茂製菓有限会社

・名倉商店

・浪花酒造有限会社

・株式会社和

・株式会社草竹農園

・株式会社和紙の布

・名倉水産

 

吉日メディアの記者は2日間に渡って食品メーカーやアパレルメーカーを取材。地場産業ならではの商品の魅力を「目」で見て、試食により「舌」で味わい、工場視察では実際に「手」で触れ、その良さを味わっていただきました。

 
 

 

その結果、本ファムトリップの成果を、国内外の2本のメディア(吉日メディア「ラーチーゴー!日本(アドレス追記)」への掲載、J:COMりんくう局の取材・テレビ放映)にて情報配信いただきました。

 

今後、阪南市商工会では、今回のファムトリップの成果をしっかりと分析し、「インターネットやTVなどのバーチャルな場」と「地産品の現地プロモーションなどのリアルな場」という両面から、阪南ブランド十四匠を中心とした阪南市の魅力を発信してまいります。

 

以上